低金利カードローンの選び方

カードローンをしてしたい時、当たり前ですが低金利を選択していきたいでしょうね。しかし、ここでの注意点なのですが、この低金利カードローンはどこでも何でも良い、という訳では無いのです。どういったことなのか?というと、その答えは簡単です。基本的に金利のチェックを怠らないということがキーポイントになるのです。

結果的に、低金利カードローンと紹介されて作ったら、何と高金利だった。何てことはざらにあることなので、注意が必要になっていく、ということなのです。さて、この低金利カードローンの優秀なものを選べるようになっていくのでしょうか。ひとつは上限の金利でしょうね。

この金融機関の金利幅というものを注目していこうと思っています。まず、低金利カードローンを先にい借りたいが初心者である。となれば、確実に幅の方で大きい値が割り当てられることは間違いないでしょうね。そして、借入金額に関わらず、上限金利や下限金利幅が安定している金融機関も存在しています。こういった、金融機関の金利の推移をしっかりと把握できるか否かも後々へんかを起こすはずなので、注意をしていくと良いかもしれませんね。そして、一番気をつけなければいけないのが、低金利カードローンは有名企業を選択することで、名前も聴いたことの無い場所での借入は、身を滅ぼします。結果的に低金利カードローンを選ぶサイトにも、銀行を選べと書いてあるので、この辺はしっかりとカードローンを選択していくことが重要でしょうね。

サラリーマンが利用すべき即日キャッシング金融機関は?

金融機関には様々な種類が存在しています。しかし、この金融機関なのですが銀行、銀行系、信販系、そしいて消費者金融系が存在しています。

大まかに分けていきましたが、他にもIT関連の会社であったりとキャッシング業務を行なっているという話を聞きますが、実際にはあまりメジャーでは無いので、事実微妙な部分ではないでしょうか。

サラリーマンの場合ですが、一体どんな場所で即日キャッシングを行なっていけば良いのでしょうか。勿論、即日キャッシングなのでどこでも構わないのですが、信販系の場合は少し時間がかかっているので即日のキャッシングとは言えません。そのため、銀行、銀行系、消費者金融という部分になっています。

基本的にはサラリーマンなので、安定をして収入を得られているので、銀行のカードローンを借りるのであれば、もってこいの状況になっているのです。金利も当然他の場所に比べれば低いですし、安心と信頼も他の金融機関とは桁外れに違うのではないでしょうか。

しかし、コレ以外ですが消費者金融に銀行系に悪いわけではいけません。もちろん、サラリーマンなのですが収入が極端に少ない方もいますし、銀行が審査を落とす可能性もしっかりあるので、消費者金融でキャッシングをしていく方法もあるのです。

いずれにしても、出費の多いサラリーマンにとってみれば、今だからこそ冷静になり、サラリーマンの自分にとっての金融機関を選択していくと良いでしょうね。

繰り返し気軽に利用できるのが魅力

カードローンは資金用途が限定されていないので、子供の習い事の月謝や光熱費の支払い、家賃やら食費やら、とにかく必要な事に自由に使うことができるため、フリーローンの一種とも言えるかと思います。
また、目的別ローンとは違い、カードローンは融資を好きな時に繰り返し受けることができるという大きな特徴があります。

これはどういう事かというと、人それぞれに限度額が与えられているのですが、その範囲内であれば、何度でもATMなどから簡単操作で借りる事ができるという事です。なので、急な出費となった時、近くのコンビニに行って即座にお金を引き出すことが可能なので、まるで自分の銀行のお金を引き出すみたいな気軽さを感じてしまうかもしれません。

ただし、一番最初に利用する前にはそのローン会社の審査を受ける必要があります。ですが、一度契約が完了すれば、その後はいつでも、好きな時に繰り返し利用できますから、本当に便利なものですし、早めの返済を心がければ利子も思ったよりかかりません。

また、沢山あるカードローン会社のなかでどれにしたらいいのやら決めかねている人も多いかと思います。そんな方にはネット上に比較サイトが色々作られていますのでそういったところを参考にするといいかと思います。ちなみに私個人はアコムを利用しています。やはり定番中の定番ですし、色々便利な点が多いのでもし迷っている方いらっしゃいましたら検討してみてください。

カードローンの審査について

カードローンの審査について、なんでも良いので情報が欲しいと思っているかたは少なくないのではないでしょうか。

というのも、カードローンは審査に通らないとまず利用をすることができませんから、審査の役に立つようなことであればなんでも知りたいと思うかたがいても不思議ではありません。ですからそういったかたのために、審査の際に役に立つであろう情報をこれからご紹介します。といっても当たり前のことばかりです。

まず、カードローンの審査においては、必要事項の記入ミスや嘘の申告などは避けるようにしてください。そうしないと、審査において不利になる可能性が非常に高いのです。また、審査に落ちてしまっても大丈夫なようにと、あらかじめ何社にも申し込みをする人もいますが、それは審査に落ちやすくなる要因なので、絶対にやってはいけません。

どうでしょうか?本当に大したことなくてすみません(笑)
ですが大切なことではありますのでぜひ気をつけてみてくださいね。

キャッシングの審査にかかる時間は

キャッシングは急なピンチに役立つものではありますが、申し込んで即お金を借りれるわけではありません。そこには審査というものが待っているからです。
多くの方が初めての審査では不安を感じ、申し込んだ後は結果が心配で落ち着かない時間を過ごしたりするものです。

ですが、近頃のキャッシングは審査にあまり時間がかからないので、申し込んだ後、一週間も待たされるなんて事は決してありませんし、3日すらかかりません。なので、審査結果が気になって不安な時間はあっという間に終わるというわけです。

では、実際どのくらいの時間待てばいいかというと、なんと驚くべき事に30分くらいで結果がでることもありますし、だいたいは翌日までには結果がでます。
とはいえ、キャッシングの会社によって、または申し込み方法によっては長くかかる事もあるため、すぐに審査を終えたいという方は会社選びに気をつけてください。

また、急いでいる方はできるだけ午前中のうちに申し込む事が大切です。

カードローンの金利はクレジットカードよりもお得なんです

 急なお金が必要になった時など、クレジットカードのキャッシングを利用されている方が多いと思います。
確かに急な時にはクレジットカードさえあれば簡単に借りる事ができるので便利です。
とはいえ、借り入れをしていますので決められた金利の利息が発生します。
クレジット会社によって多少違いはありますが、金利はだいたい年利18%程度です。
一方カードローンでは、金利は5%から18%からあり、金利に大きな開きがあります。又、融資限度額にも違いがあります。
クレジットキャッシングでは概ね50万円程度、カードローンでは最大500万円まで可能なケースが多く、金利においても融資額においてもカードローンの方が利用しやすいともいえます。
それに利用限度額内であれば何度でも利用できるのも特徴です。

 そしてクレジットキャッシングとカードローンには、返済方法の違いもあります。
クレジットカードキャッシングの返済は、基本的には利息分を合わせた金額を翌月一括で支払う方法が主流です。
中にはリボルビング払い可能な場合もあります。
一方、カードローンは、リボルビング払いですので、毎月一定額を返済していく事になり、毎月の負担はクレジットカードキャッシングに比べ軽いと考えてられます。

 この様に頻繁に借入れや返済を行う、まとまった金額が必要な時には、金利面や返済方法からカードローンを利用したほうが、お得になるケースが多いといえます。

銀行カードローンと貸金業者カードローンの審査

カードローンは大きく分けて銀行のカードローンと貸金業者のカードローンがあります。

どちらもカードローンということでは同じであるのですが、銀行は銀行法によって規制を受けますし、貸金業者は貸金業法によって規制を受けます。

これらの法規制でカードローンにとって重要なのは2010年の貸金業法の改正によって貸金業法で規制される貸金業者は総量規制の対象になりました。
総量規制とは多重債務者を作らないという目的から年収の三分の一以上の借り入れができないという制度で、銀行法によって規制される銀行は総量規制の対象外となります。

しかし、総量規制の対象外である銀行からの借り入れが簡単かというとそうではなく、カードローンの審査においては銀行カードローンの方が貸金業者カードローンよりも厳しいのは常識となっています。

そうなれば、総量規制があるとはいえ、総量規制の枠内であれば銀行カードローンよりも貸金業者カードローンの方が審査が通りやすいということになります。