銀行カードローンと貸金業者カードローンの審査

カードローンは大きく分けて銀行のカードローンと貸金業者のカードローンがあります。

どちらもカードローンということでは同じであるのですが、銀行は銀行法によって規制を受けますし、貸金業者は貸金業法によって規制を受けます。

これらの法規制でカードローンにとって重要なのは2010年の貸金業法の改正によって貸金業法で規制される貸金業者は総量規制の対象になりました。
総量規制とは多重債務者を作らないという目的から年収の三分の一以上の借り入れができないという制度で、銀行法によって規制される銀行は総量規制の対象外となります。

しかし、総量規制の対象外である銀行からの借り入れが簡単かというとそうではなく、カードローンの審査においては銀行カードローンの方が貸金業者カードローンよりも厳しいのは常識となっています。

そうなれば、総量規制があるとはいえ、総量規制の枠内であれば銀行カードローンよりも貸金業者カードローンの方が審査が通りやすいということになります。